『石塚源太』

湯気の気配とか、湯船のゆらぎ、水滴と蒸気、水温と体温、そんなことを 感じれる銭湯と生活の間にあるようなものを作りたいと思います。

Go to link