『大江志織』

いきものたちが魅せるふとした瞬間、日常の中の「一瞬」のフォルムを切り取るように、土をひねり、線をつなぎ、少しずつ少しずつ積み上げながら、心地よい「かたち」を探している。

Go to link